重要!大切な歯を守るために歯科医院について知っておきたいこと

予防歯科の重要性について

日本では一般的に歯科医院には、歯が痛くなってから行くといった習慣があります。しかし海外では予防歯科の意識が高く、虫歯や歯周病になる前に歯科医院へ定期的に通うことが一般的です。日本でも徐々に予防歯科の重要性が言われるようになってきましたが、まだまだ浸透しているとは言えません。歯は一生物ですし、歯の健康から様々な身体の不調を引き起こすこともありますので、出来るだけ定期的に歯科医院へは通うようにしたいです。


最適な歯科医院を探し出す

街中には数多くの歯科医院があります。コンビニエンスストアの数よりも多くの歯科医院がありますので、その中から自分に合った歯科医院を探し出すことは非常に難しいです。インターネットで調べたり、知人に紹介してもらったり、あるいは交通の便が良い歯科医院を選ぶこともあります。一度は訪問して見ないことには中々判断がつきませんので、初回の訪問時に医院内の様々な点をチェックしておくことをお薦めします。良い歯科医院として大前提にあることは、清潔であることや受付の対応が良いこと、そして何よりも医師が丁寧に説明をしてくれてしっかりと対応してくれることです。


セカンドオピニオンを利用する

一口に歯科医院と言っても得意としている治療法は様々異なります。その為同じ症状でも治療方針は大きく違いますので、事前に治療に関する説明をしっかりと聞くことが大切です。もし治療方針に疑問を抱いた場合には、セカンドオピニオンを利用することも得策です。その結果、抜歯をする必要があった場合でも、歯を抜かずに治療することも可能になるなど、患者にとっては大きなメリットに繋がる可能性もあります。セカンドオピニオンを利用する場合には、現在の担当医に紹介状や治療データなどを提供してもらう必要がありますので、少し気が引けてしまいますが、今ではセカンドオピニオンも一般化して来ましたので、遠慮せずに利用したいです。



根管治療とは、歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根官の中を綺麗に掃除・消毒することをいいます。難しく複雑な作業なので、時間をかけた治療が必要です。